知っておきたいこと

男女

介護サービスと機能訓練

介護サービスと機能訓練で利用できるサービス内容について、一部を抜粋して簡単にまとめてみました。また、介護付き有料老人ホームと、住宅型有料老人ホームで利用できるそれぞれのサービス形式の違いについても説明しているので読んでみてください。

READ MORE
杖

費用と入居期間について

ここでは、老人ホームの費用と入居期間について、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームとを比較しながら説明しています。ふたつの施設の費用と入居できる期間の違いについて、よくわからない方は参考にしてみてください。

READ MORE
車いす

入居までの流れと入居時の注意点

このページでは、老人ホームをみつけてから、見学予約をして、契約して、実際に引っ越しするまでの流れを簡潔にまとめています。また、入居するまでにあらかじめ確認しておきたいことについても説明しているので、これから入居しようとしている方は一度目を通してみてください。

READ MORE
婦人

住宅型有料老人ホームの選び方

住宅型有料老人ホームを選ぶ時の視点について、いくつか抜粋して紹介しています。住宅型は、介護付き老人ホームにくらべて施設の規模が小さいため、本当に自分に必要な設備があるのかどうか判断しなくてはなりません。その判断方法について、学びましょう。

READ MORE

費用と入居期間について

杖

介護付き有料老人ホームの費用

介護付き有料老人ホームでは、毎月入居費用を支払います。
その入居費用の中に、介護サービスの費用が含まれていることが特長です。
さらに、その費用は介護保険を利用した費用になるので、現在のところ自己負担額は1割です。
どれだけ介護サービスを利用しても、毎月払う老人ホーム利用料金に介護サービス料金が含まれているので、介護度が重度の方でも、安心してサービスを利用することができますよ。

住宅型有料老人ホームの費用

住宅型有料老人ホームでは、基本的に介護スタッフが在籍していないため、自分で外部事業者と介護サービスの契約を結ぶことになります。
そのため、外部事業者による介護サービスは、住宅型有料老人ホームの月額利用料には含まれないので注意が必要です。
しかし、自分の健康状態に合わせて、必要な介護サービスや機能訓練を選択することができます。
介護保険の利用限度額を超えた分は、自己負担になってしまうので、事前に利用限度額内でプランが組めるようにケアマネージャーとよく相談しましょうね。

重度でも大丈夫

介護付き有料老人ホームでは、たとえ重度の疾患を抱えていても、最期まで住み続けることができます。
しかし、もし長期入院が必要になってしまい、長期間に渡って老人ホームへ入居しない場合は、それぞれの施設によって対応が異なってくるため、事前に確認しておきましょう。

元気であれば大丈夫

一方で、住宅型有料老人ホームでは、身の回りのことがある程度自分でできる方であれば、いつまでも住み続けることができます。
介護付き有料老人ホームとの違いは、あくまで賃貸契約のため、必ず終身まで入居できるとは限らないということです。
身体の状態によっては、退去しなくてはいけないこともあり得るため、事前に施設の規則を確認しておきましょう。

費用の相場

介護付き有料老人ホームの費用は施設によって大きくことなります。特に、設備が整っていて、介護スタッフだけでなく看護師や理学療法士なども在籍しているようなところでは、その費用が高額になります。
入居時の初期費用で数百万~数千万かかります。
月額費用は約15万~60万が相場です。
住宅型有料老人ホームも、最近では介護付有料老人ホームのようにスタッフが24時間在籍しているところが増えてきているため、そういう施設は費用が高額になりがちです。
しかし、広島では全国的に見てもこの費用が安く、他の都道府県から移住する高齢者もいるほどです。
初期費用の相場は約90万~250万円で、月額費用の相場は12万~18万円です。

広告募集中